シンゴジラ 動画

シンゴジラ 動画

シンゴジラ動画フル視聴、動画配信はコチラ!シン・ゴジラの本編フル動画は、youtube、裏中国サイト、デイリーモーションやパンドラTV(PandoraTV)で観なくても、高画質な動画を無料視聴できます。


3月22日動画配信中!>>U-NEXT
無料お試し期間31日&新作動画1本無料特典付

シンゴジラ動画 > シンゴジラ 動画

シンゴジラ 動画 映画

シンゴジラ動画映画をフルで無料視聴!本編フル動画はyoutube、裏中国サイト、デイリーモーションやパンドラTV(PandoraTV)で観なくても高画質で無料視聴できるのでご参考ください。VOD(ビデオオンデマンド)の登録特典を利用して、シンゴジラの動画が無料視聴できます。2017年3月22日から配信中!下記は、シンゴジラの動画を配信するVOD一覧です。登録特典で無料視聴が可能です。

TSUTAYA動画配信

 

⇒TSUTAYA動画配信

シンゴジラ動画配信日:3月22日

☆登録特典で無料視聴可能
(シンゴジラ動画500pt⇒登録特典1080pt)

☆動画レンタル視聴期間:48時間

☆月額無料お試し期間30日

⇒TSUTAYA動画配信

AUビデオパス動画配信

 

⇒AUビデオパス動画配信

シンゴジラ動画配信日:3月22日

☆登録特典で無料視聴可能
(シンゴジラ動画500coin⇒登録特典540coin)

☆動画レンタル視聴期間:72時間

☆THOHOシネマズ割引特典

☆月額無料お試し期間30日

⇒AUビデオパス動画配信

U-NEXT動画配信

 

⇒U-NEXT動画配信

シンゴジラ動画配信日:3月22日

☆登録特典で無料視聴可能
(シンゴジラ動画540pt⇒登録特典600pt)

☆動画レンタル視聴期間:48時間

☆1アカウントで家族4人まで使用可能

☆月額無料お試し期間31日

⇒U-NEXT動画配信


《更新情報》
(2017/3/31)
映画「シンゴジラ」の字幕版動画を探している方が多いみたいだ。多分、字幕版シンゴジラの動画が見たいというのではなく、”聴覚障害”をお持ちの方達だと思う。現在、この映画の字幕版に対応している動画配信は残念ながら、ないようだ。

(2017/3/24)
便乗してネット動画でシンゴジラを鑑賞。やはり映画館の動画の迫力には劣る。想像以上に面白みがなくて驚き。シンゴジラはやっぱり映画館でみるからこそ、畏怖してしまう存在だと感じる(*_*)。映画「君の名は。」ブームで後半存在が薄くなってしまったことが悔やまれる。

(2017/3/22)シンゴジラのネット動画配信が始まった。家電量販店に行くとDVDとBDが売ってた。メッチャ高いと思う。(9000円とかも)

(2017/3/13)シンゴジラの反響は社会現象となり、その影響力から、2017年には『GODZILLA』が劇場公開予定。シリーズ初となるアニメーション映画になります。

ハリウッドも便乗!「Godzilla: King of Monsters」が2019年公開予定です。個人的に、映画「シンゴジラ」がヒットしたのは庵野さんが手がけたからだと思うんだけど。。

2019年にはもうブームも過ぎてそう。あと2年もあるし。。。


映画シンゴジラの動画は、かなり素晴らしい作品! 「核」を「シンゴジラ」に置き換え、物語の構築、そして、主人公は日本政府の役人という設定が、今までの日本映画動画によくあった「立場の低い、現場の人間が活躍する」物語と一線を画している動画で、映画「シンゴジラ」の動画はとっても新鮮!!

そして、シンゴジラは動画だけでなく、音楽もいい!!

一時期、あのゴジラのメインテーマを何度もリピートして聞いてしまうぐらいです。 VFXに関して言えば、今までの日本映画で一番なのではないだろうか。 よく、「CGを使うことは邪道」だったり、「CGを使わずに」など、そういう技術論のみが、特に日本映画ではクローズアップされがちなだけに、かなり爽快!!!何より、ここまで予算のかかる映画動画を、東宝が製作してくれたのが嬉しい限り。 シンゴジラ動画に出演している俳優に焦点を当てると、高橋一生が素晴らし過ぎ(*^^*)。今はドラマ「カルテット」で注目されているけど、今後はもっと活躍することだろう。楽しみだ。

シンゴジラの動画見所

映画動画シンゴジラで良い点は、現実世界と非現実世界の融合が見事に出来ていると感じます。特に、シンゴジラが襲ってくる際の、政府の対応策や話し合いの雰囲気などは、その現場さながらの緊張感を出していますし、実際に未確認生物が出現する際も、このような対応を取るのだと勉強になる部分もあります。

又、”シン”に込められる社会的なメッセージも多いと感じます。特に、シンゴジラの成分となっている核燃料は、原発などと同じで、取り扱い一つ間違えると日本そのものをなくしてしまう、そんなメッセージもあると感じます。映像面では、CG動画なのか実際に撮った動画なのかわからないぐらい、一つの動きや銃撃シーンなどがリアルに見えて、実際の世界で起きればどうなるのかと恐怖感も感じる映画動画です、とても緊迫する場面が多く面白い映画動画です(*´ω`*)。

 

シンゴジラ 動画評価

 

まず、シンゴジラの動画の評価は、自分の中では星4つです。非常に面白い動画だと思います。日本の政治家が頑張ってシンゴジラに立ち向かって行く姿がカッコイイ!です。でも、少し日本の政治家を美化しすぎかな?ここまで日本のために動いてくれるかな?と思ったのでマイナス1。また、シンゴジラに対する色々な付箋があり、続編も気になる作品。博士とシンゴジラの正体や、昔の人が何をしてしまうのか、いろいろ考えさせられます。もう一度見ても面白いと思います。

シンゴジラは、映画動画そのもの自体も面白いですが、何よりもTwitterなどのSNSでの盛り上がりが面白い映画作品でもあります。まだDVDなどが販売されていない時期だというのに、映画本編と同じ時間帯にツイートするという企画があるほど、何度も映画館に足を運んで覚えた方が多いのだなという印象があります。今までもシンゴジラの作品はいくつも見てますが、そうした実際に会う事もない人達と感想を共有できるのはとても楽しい経験です。

又、シンゴジラの動画本編では、禍々しい姿の通称・蒲田くんがデフォルメされて可愛がられているのも嬉しく、そして楽しいひとときです。もしも、シンゴジラの動画がテレビで放映されることがあれば、より盛り上がってくれると思うので、今から動画放送を楽しみにしています。

シンゴジラ 動画作品紹介

映画「シン・ゴジラ」は、大胆な構成の為された動画作品です。当然シンゴジラという大怪獣と人間達が戦うという怪獣特撮お決まりのあらすじではあるのですが、驚くことに、実際にシンゴジラが画面に映るシーンはかなり少ないのです。映画中の動画全体の三分の一ほどであると思います。

そして、映画シンゴジラでは、動画の大半の時間が「シンゴジラを倒す為の作戦会議をしている場面」となっている動画なのです。そんな一聴すると退屈そうな印象を受けるこの動画作品なのですが、庵野監督は流石。シンゴジラの動画内のセリフも、比較的フラットなテンションが続くにもかかわらず、シンゴジラはカメラアングルなどの演出によって、視聴者を映画「シンゴジラ」の動画に飽きさせません。シンゴジラの会議室の場面で、カップラーメンの容器の内側からの視点で「容器が開封されて覗き込む登場人物の顏が映る」という動きで場面を切り替えたときは、その小気味良い演出に感心。シンゴジラ動画では、他にも戦車の砲塔が回転するときの駆動部を内側から見るシーンであったりと、シンゴジラ動画の山場のシーン以外では派手さが抑えられているのにテンポや臨場感はしっかりと出され続けており、シンゴジラはかなり見応えのある動画作品です!

 

シンゴジラの動画を見た感想例

ここからは、映画「シンゴジラ」の動画を観た方々の感想を紹介。動画を観た方それぞれの「シンゴジラ」の感想を参考いただけます。


映画シンゴジラの動画を二回視聴。一回目は大スクリーンで。二回目は普通のスクリーンで動画鑑賞。一回目はとにかくシンゴジラの登場から成長、町をのし歩く姿に圧倒されました。二回目は落ちついて観る事が出来ました。シンゴジラは只、産まれてきて、動き出して歩んでいるだけなのに、恐れられ、結局倒されてしまうシンゴジラに物悲しさを、感じてしまいます。野村萬斎さんがされているという、シンゴジラのあの歩みがより一層悲しみを誘います。シンゴジラは生きているんでしょうか?人間としては生きていられたら困ります。でも、きっとシンゴジラは生きていると思います。どうにか共存は出来ないのでしょうか。人間だって他の動物から見たら、シンゴジラの動画のようなものかもしれません。いつか人間も小さな動物に倒される時がくるのでしょうか。そんな事も考えさせられる二回目のシンゴジラの動画鑑賞です。


以前から「シンゴジラ」の存在は知っているものの、シンゴジラ関連の動画を視聴するのは、この「シン・ゴジラ」が始めてです。監督がエヴァシリーズの鹿野監督だと言うことで、動画に興味を持ったからです。その為、今までの「シンゴジラ」の他の動画との違いなどは分かりませんが、十分に面白い動画だと思います。何より「赤い海」が出てきたり、シンゴジラの形態が変わっていく様がエヴァを彷彿させます。第○形態という呼び方も、なんだか硬派でカッコイイです。自衛隊や米軍とシンゴジラの戦いのシーンの迫力は凄まじくて、胸がドキドキしましちゃう(*^_^*)。

シンゴジラが単なる怪物ではなくて、何か未知の生物だという所にも興味をもちます。シンゴジラとはなんなのか。目的はあるのか。何故人を襲うのか。など考えさせられることも多く、もう一回シンゴジラ動画を視聴したいと思える作品です。



昨年公開の「シンゴジラ」、私のなかでは邦画No.1作品です。世界観は違うものの昨年から現在も人気の「君の名は。」よりも私は好きな映画です。

正直、シンゴジラといえば、ウルトラマンとか昭和の古い怪獣動画や、ヒーローモノの映画という印象で、映画視聴しようとも思いませんでした。でも周囲から、「シンゴジラはイイ映画だ!!みないのは冒涜!」という声を聞いて、フル動画を視聴しに行ってハマってしまいました。

 シンゴジラの動画でハマりポイントは、「フルCGでのシンゴジラ演出」「スピード」「音楽」この3つです。 まず未確認生物である「シンゴジラ」という存在。映像でみるシンゴジラの迫力がとにかくすごい。

昔のゴジラは、オモチャな感じがしてた印象があるけど、映画「シンゴジラ」の動画に出てくるシンゴジラはまさに、未確認生物そのもの!!1

もし自分がこんな状況なったら怖くて仕方ないと思えるほど。。やっぱりCGで描くシンゴジラは凄いの一言。 次に、映画「シンゴジラ」の話の展開に全然飽きがこなかったこと、そしておそらくそれは音楽でも魅了されてたことが挙げられると思います。

音楽は庵野監督な事もあり、エヴァンゲリオンで使われてた独特のサントラを起用し、緊張感や、ワクワク感を与えてくれてる様に感じます。だからこそ、話の展開も遅いわけでもなく、めちゃくちゃ早いわけでもない、メリハリのあるスピードで物語が進んでいったから面白いと感じたんだと思います!シンゴジラの動画がなかったら、2016年はきっとつまらなかったでしょう。みなさんもシンゴジラの動画をぜひ楽しんでください(*´ω`*)

シンゴジラ 動画 キャスト

映画「シンゴジラ」の動画出演者は以下の通り


矢口蘭堂・・・長谷川博己
赤坂秀樹・・・竹野内豊
カヨコ・アン・パタースン・・・石原さとみ
尾頭ヒロミ・・・市川実日子
古代生物学者・・・犬童一心
東竜太(内閣官房長官)・・・柄本明
大河内清次(内閣総理大臣)・・・大杉漣
海洋生物学者・・・緒方明
官邸職員・・・片桐はいり
風越・・・神尾佑
財前正夫・・・國村隼
陸上自衛隊・第2戦車中隊長・・・KREVA
根岸・・・黒田大輔
消防隊隊長・・・小出恵介
志村祐介・・・高良健吾
山岡・・・小林隆
池田・・・斎藤工
片山(臨時外務大臣)・・・嶋田久作
田原(東京都副知事)・・・諏訪太朗
安田・・・高橋一生
間・・・塚本晋也
森・・・津田寛治
矢島(自衛隊・統合幕僚副長)・・・鶴見辰吾
関口(文部科学大臣)・・・手塚とおる
金井・・・中村育二
立川・・・野間口徹
自衛隊・・・橋本じゅん
河野・・・浜田晃
生物学者 原一男
西郷・・・ピエール瀧
里見祐介・・・平泉成
川又・・・藤木孝
沢口・・・古田新太
カップルの女・・・前田敦子
泉修一・・・松尾諭
早船(フリージャーナリスト)・・・松尾スズキ
新人記者・・・三浦貴大
小塚(東京都知事)・・・光石研
避難民・・・森廉
警察庁刑事局長・・・モロ師岡
柳原(国土交通大臣)・・・矢島健一
花森麗子(防衛大臣)・・・余貴美子
郡山(内閣危機管理監)・・・渡辺哲
芦田(航空自衛隊・第2飛行隊第1小隊長)・・・石垣佑磨
牧博士〈写真〉・・・岡本喜八
シンゴジラ・・・野村萬斎

シンゴジラの動画撮影にiphoneが使用された

映画「シンゴジラ」は、昔の日本のシンゴジラが戻ってきたという感じです。昔からシンゴジラ映画を観てきた人は懐かしく感じると思います。ストーリー性もあって全体的に面白かったです。 後で知るのですが、映画の一部をiPhoneで撮影しているそうです。

シンゴジラの映画動画を観ていても、そこは全く違和感がなかったので、どの場面をiPhoneで撮影していたのか分かりませんでした。

今までの作品とは違い、撮影の技術も進歩しており、動きがより自然になっていました。 また、シンゴジラへの攻撃方法も現代に合ったかたちになっていたので、懐かしさもありますが、真新しさも感じる映画になっていました。 出演者も豪華で、大変見ごたえのある映画だと思います。私個人の感覚ですが、続編がありそうな感じがしました。

シンゴジラ 動画 まとめ

「2016年は邦画の年」映画ファン界隈ではそんな言葉が飛び交いました。 上半期バイオレンス系映画動画の賑わいから移り、夏の邦画動画は、多くの人が期待しているよりも、はるかに高い質の映画動画の連発となりました。

そのうちの動画の1つが、映画「シンゴジラ」です。シンは、驚異的なテンポで語られていく日本対シンゴジラの真っ向勝負に虜になった一人である私が、中でもとりわけ惹きつけられるのが、東京を焼き尽くすあの炎です。 シンゴジラの伝家の宝刀とも言える放射熱線、今までのシリーズと異なり進化途中の巨大不明生物シンゴジラは劇中で初めて熱線を吐くのですが、その動画の様子は、まさにゴッドと言うべき神々しさです。 

黒い煙が街を覆い、煙は次第に紅蓮の炎に、そして収束し熱線となります。 炎が街を埋め尽くす様は悲惨としか言いようがなく、3.11の津波の後の火災を思い出す方も多いと思います。 シンゴジラの徹底している”災害動画”の描写のによって、3.11以後の私達の心に深く語りかける本作ですが、映画「シンゴジラ」がここまでヒットする背景には、シビアな災害動画の描写を、シンゴジラというあくまで虚構の存在に委ね、それを打倒する映画的な気持ち良さを動画の中で追求したことにあると思います。

映画シンゴジラの動画の後半では、プロフェッショナル達の血の滲む尽力によってシンゴジラを凍結する流れがスムーズに成就します。 この展開には賛否両論あるようですが、私はこれで良いのだと思います。 これから先シンゴジラというコンテンツが盛り上がっていく為、3.11という負の遺産を苦いだけの記憶として蓋してしまわない為に、とても繊細なバランスの上で娯楽映画としての純粋な楽しさを維持しているのです。 そして特撮映画としての記録的な大ブーム、興行の成功は、この映画シンゴジラの動画のエンターテイメント性に確かに後押しされたのだと思います。

おすすめ映画作品

「君の名は。」というアニメ映画がもの凄い勢いで興行収入を伸ばしています。現在230億円を越え記録を更新するかの勢いで夏前に上映開始だったのが、未だに上映しているようです。ここまでのロングランも珍しいですね。その恩恵を受けて先日見に行くことができました。監督は新海誠監督、ポスト宮崎駿と言われているこれからのアニメ映画界を背負っていく存在ですね。話は地球にかつてないほどに彗星が近づくのがニュースになった頃、高校生の瀧と三葉は夢から目を覚ますと互いが入れ替わる事に気づく。戸惑いながら別人で且つ性別の違う生活をこなしていく二人。何故か気になるお互いを意識し始める頃、入れ替わりは終わってしまう。

それにはある秘密があります。このような話ですね。非常にテンポよく話が進み淡い恋心を抱く瀧と三葉の心情を上手く描いています。最後はハラハラドキドキする場面もあり、彼らが何故入れ替わったのかという秘密が明らかになる頃には完全に映画の世界に引き込まれていってしまいます。アニメの作品でここまで没頭しながら観賞できた作品は初めてかもしれません。間違いなくオススメの作品でしょう。一気に大作映画の監督になってしまった新海監督、次回作のプレッシャーもあるでしょうが引き続き素晴らしい作品を作り上げて欲しいですね。

シンゴジラ 動画 トップへ戻る